「ゴルフの内容がガラッと変わった」渋野日向子。米ツアーへの挑戦は集大成でも通過点でもなく「スタート地点」

渋野 日向子

「ゴルフの内容がガラッと変わった」渋野日向子。米ツアーへの挑戦は集大成でも通過点でもなく「スタート地点」
—————————————————————————————
国内ツアーを戦う渋野日向子は、しばらく見られないかもしれない――。

 米ツアーの予選会に挑む渋野日向子にとって、11月21日に最終日を迎えた大王製紙エリエールレディスは”国内最終戦”だった。最終日を3アンダーで回って、通算9アンダーの12位タイで、コロナ禍の影響で1年半という長丁場となったシーズンを締めくくった。

「大会を通じてパッティングがものすごくもったいなかった。3パットも4、5回やっているので。ラフからのショットはぜんぜん芯に当たっていなかったですし、自分の打ちたい距離が日に日に打てなくなっていた。

 最終日もショットが右に行く場面があって、そういうところも修正したいですし、もう少し(スコアに直結する)タテの距離を把握しなければいけないと思っています」

 米ツアーの予選会を見据え、緻密なプレーを心がけてきたことがうかがえる。

「最近は自分の落としたいところとランを計算しながら、(トータルで)何ヤードのショットを打つのか(予め)宣言してから打っていて、毎ショット、答え合わせをしながら回っている感じです」

 そんななか、最終日にはジュニア時代に通っていたゴルフスクールの現役生徒たちが愛媛まで応援にやってきていた。

「みんな、早起きをしてくれたので『いいところを見せたいな』という欲があったんですけど、1番から(ボギーを叩いて)カッコ悪いところを見せてしまって、すごく恥ずかしかった。(生徒たちが)ちょこちょこ可愛く走り回っていて、それが気が気じゃなく、保育園とか幼稚園の先生の気分でした(笑)。
Video: https://youtu.be/v99poLgrtYA

タイトルとURLをコピーしました