異次元:ゴルフスイング革命【40代以上・シニア・高齢者】限定。 身体の【あそこ】を【身体を回転・体重移動】しないで●●すれば【スライスしない・強烈なダウンのタメ・ダフらない・90切】すべてが可能になる

ゴルフ スイング

詳細は 👉 http://oubeigolf.com

👇40代以上・シニア・高齢者に最適 身体に優しい【骨を使った】世界標準の『 欧米人直線運動ゴルフスイング』 医者に歩行を禁止されてる方不可! 手足を前後に動かして歩ける方限定!

欧米人ゴルフスインの特徴的な【共通の動き】を 画像・連続写真で徹底的に詳細に検証。

書店で売られているレッスン書やコンビニで売られているゴルフ雑誌や、YouTubeやネット上にある今まで言い古されたことを焼き増ししたようなレッスン書では、決して知ることの出来ないことをこれから話します。 

日本人と異なる欧米人のスイングの 「共通の動き」 を徹底検証したものです。

日本のプロやレッスンプロでは教えることの出来ない、欧米人 にとっては当たり前の 「世界標準」の「基本的な動き」 

欧米人が意識せずに、当たり前のように自然にやってしまう動きこそ、 「欧米人ゴルフ理論」 なのです。

ただ、「日本人が、日本のプロや、レッスンプロが、いままで誰も、気がつかなかった」と言うのが正解です。

スライスが直らないのも、90/100切れないのも、日本人の左膝の不格好に曲がった手足を無駄に動かす、滑稽な「下半身盆踊り」ダンススイングの、野球ゴルフスイングが、あきれるほどとんでもない「大間違い」! 諸悪の根源だった!

元プロ野球人プロゴルファーが幅を利かせ、野球になじみの多いい人が多く、さらに日本人の体型的な特徴のDNAが拍車をかけ、「左膝の不格好に曲がった手足を無駄に動かす、滑稽な「下半身盆踊り」ダンススイングの、野球ゴルフスイング」が、「国民的ゴルフスイング」になってしまったのです。 誰も逃れようがないのです。

ゴルフスイングは見た目じゃない! よく使われる言い訳文言、「ゴルフはあがってなんぼだよ!」が口癖の「へんてこりんスイング」でも気にしない「えせシングルゴルファー」や練習場に巣食う「教え魔」には必要ない、欧米人の左膝の伸びた美しい【共通のスイング】は・・・これだ!

世界標準の欧米人ゴルフスイング をまったく知らない、手足を無駄に動かす野球下半身盆踊りダンスの和式ゴルフスイング を教える日本人のレッスンプロに絶対に習ってはいけません!

日本人のレッスンプロでは決して決して教えることのできない、今まで見聞きしたことがない膨大な情報量のこのスイングの秘密を、惜しげもなくさらけ出しています。

日本人の【胴長短足】の体型では、【胴短長足】の欧米人と同じスイングをすることは絶望的なのです。 

でも、日本人でも、あるスポーツの上級レベルの方なら、これが可能なのです。 ある『重要な【動き】』が練習によって、身体にしみついていて、動きのメカニズムをしっているため、無意識に何度でも同じことができるのです。 

ゴルフの『重要な【動き】』は、スキーの『重要な【動き】』と全く同じなのです。 ここで検証してみましょう。 

スキー上級者の方は、欧米人の横方向からのスイングを見てください。 アドレスからフォローまで、上体の前傾角度、腰、膝、全体の身体の角度。 急斜面を滑っている時の角度と全く同じじゃないですか! 日本人のスイングの上体の起きた、膝の曲がった姿勢では、急斜面は滑れません! せいぜい中斜面程度です。

スキーの上級者ならこの身体の前傾角度を、ターンのたびに、あの『重要な【動き】』をして、保っているのです。 この『重要な【動き】』ができないと、後傾してまともに急斜面を滑ることは出来ないのです。 

上半身と下半身を●●のです。『重要な【動き】』を使って、上半身と下半身を●●のです。 この●●「二文字」に文字を当てはめて、色々試してみてください。 漢字とひらがな「二文字」です。 ピンとひらめく文字が見つかるかもしれませんよ。 

「野球下半身回転運動」では、上半身と下半身を●●ことは出来ないのです! かえって、上半身と下半身を●●ことを、邪魔しているのです。 だから、上半身と下半身が連動して動くため、左肩が開き、ダウンのタメもできず、左膝が曲がったあの・・・・百害あって一利なし。 無用の長物。 諸悪の根源。

このある【動き】を練習で身に着け、上級者になると無意識に使って滑っているのです。 だから、【胴長短足】体型の日本人でも、スキーは練習で苦労してやっと身に着けた、この『重要な【動き】』なので、この【動き】のメカニズムを理解しているため、他の人にも教えることができるのです。 残念ながら、スキーでも【胴短長足】の欧米人にはかないませんが・・・・【胴長短足】のDNAは恐ろしいーーー

日常生活では全く使わない【動き】のため、初心者はなかなかスキーが上達せず、上級者になれないのです。 スキーの上級者がこのある『重要な【動き】』が、上半身と下半身を●●ことが、スキーと同じで、ゴルフにも応用できると気づいたなら・・・・もう、あなたの目にも見えていますよね!

私はこの、ある『重要な【動き】』を【第三の原動力】と呼んでいます。 【胴短長足】の欧米人は無意識にやっているために、【胴長短足】の日本人には、欧米人のスイングを穴のあくほど見ても、そんな未知な『重要な【動き】』があることすら解らない。

残念ながら、この『重要な【動き】』がどのようなメカニズムか解っている日本人は、私からこの【第三の原動力】の存在を教えられた人以外誰もいません。 

欧米人は体型的な特徴から、無意識にこの『重要な【動き】』をしているため、その存在すら知らず、日本人に教えることすらできません。 あなたも、無意識にやっていることは、誰かに指摘されないかぎり、気づかないでしょう。 例えば、靴底を見て、踵や右側がすり減っているのを見て、初めて変則的な歩き方をしていることに、気が付くように・・・・

欧米人はこのスキーと同じ作用をする『重要な【動き】』が、【胴短長足】の体型的な特徴から、自然に出てしまうのです。 だから欧米人のスイングは、同じようなスイングになってしまうのです。 日本人も膝が滑稽に曲がった「国民的ゴルフスイング」になってしまうのです。 欧米人はスキーもゴルフスイングも、美しい~~~~

この『重要な【動き】』が欧米人と日本人のスイングの違いを作り出しているのです。 どんなに頑張ろうが、努力しようが日本人はこの『重要な【動き】』のメカニズムを知らなければ、「不格好な/ へんてこりんな/美しくない/センスを感じない/パワフルさのない【だらしない】スイング」になってしまうのです。

日常生活では全く使わない【動き】だけれども、誰の家にでもある「捨ててしまう物」を使って少しトライしてみれば、このゴミに出す「がらくた」が、あなたに教えてくれるのです。 ゴミが「宝の山」に大変身です。 私が教えるのではないのです。 あなたが自分自身の手で、この『重要な【動き】』のメカニズムを知ってしまうのです。

もうひとつついでに、ばらしてしまいましょう。 日本人が幼少・子供の頃から必ず誰もが遊んだことがある、ある「遊び」に原因があると私は思っているのですが。 
                                  ある「遊び」とは「羽子板」です。 「羽子板」で遊んだ時を、思い出してください。 「羽子」に対して、「板」を直角に当てていくはずです。 よほどのへそ曲がり、変わり者でないかぎり、ましてや子供ならなおさら・・・

あなたが今やっているゴルフスイングは、「羽子板」ゴルフスイングなのです。 最初からずーっと、「 ボール・羽子」に対して、「クラブフェース・板」を直角に、ボールに当てにいこうとしているのです。

ク ラブヘッドを右手で先に持っていこうとするのです。 幼い「幼稚園児の本能」が作りだす「幼稚園児のゴルフ」なのです。 日本人全員です。  最初から最後まで、ずーっとクラブフェースを直角に、ボールに当てにいっているのです。

スライスを嫌って、手で当てに行く手打ちの、あの高齢者に多いいスイングになってしまうのです。「羽子板」で遊んでいる幼稚園児で、スピンをかけたり、斜めに当てにいってる、へそ曲がり、変わり者の幼稚園児を見たことないですよね、

日本人は「実際にボールが飛んでいく方向」と、「力が働く、作用する方向」の二つの方向があることを認識できないのです。 右手で当てにいくことから抜け出せないのです。 幼い「幼稚園児の本能」が邪魔するのだから、しょうがないのです。

でも、日本人でも、あるスポーツの上級レベルの方なら、この「実際にボールが飛んでいく方向」と、「力が働く、作用する方向」を理解できるスポーツ経験者がいます。 

あなたがサーブをきちんと正しく打てる上級レベルのテニス経験者なら、ボールはコートに直接打っていくものではなく、「力が働く、作用する方向」の空に向かって打っていき、結果として、「実際にボールが飛んでいく方向」にボールが飛んでいくことは、頭でも、身体でも認識、体感していますよね!

ゴルフスイングも、同じメカニズムなのです。 「力が働く、作用する方向」の地面に打っていき、結果として、「実際にボールが飛んでいく方向」のグリーンにボールが飛んでいくことを、上級レベルのテニス経験者のあなたなら、理解できるはずです。

あなたが上級レベルのテニス経験者なら、これを知ってしまった今、強力なアドバンテージです。

言葉でいくら「クラブヘッドを右手でボールに当てに行かない」ように言っても、効果ないのです。 本能だからです。 幼稚園児の本能だからです。

強制的に 「クラブヘッドを右手でボールに当てに行かない」動きを気づかせるしか、解決策はないのです。 それも、あなたの思い もしない 「動き」 によって。

家で捨ててしまうもので簡単にできてしまうのです。 お金もかからないのです。 誰の家にもある●●が気づかせてくれるのです。 言葉では伝えないけれど、レッスンプロなんかよりはるかに効果的なのです。

私が教えるのではないのです。 ●●が気づかせてくれるのです。 あなたのどこにでもしゃしゃりでてくる、でしゃばりな「幼稚園児の本能」を、二度と出てこないように隔離してくれるのです。

もうひとつついでに、ここまで読んでくれたお礼に、ばらしてしまいましょう。

ゴルフスイングは「歩く」動きです。「作用と反作用」の動きなのです。 野球スイングのように「回転」の動きではないのです。「作用と反作用」の動きによって、骨が連動して身体は勝手に動いているのです。

ゴルフスイングの身体の動きは、「身体の幅」に収まるものです。

身体の左サイドの「前後」の動きと、右サイドの「前後」の動きからなる、単純な身体の左右の「前後」の入れ替え動作なのです。 だから、日本人の左膝が不格好に曲がったスイングにならないのです。 欧米人の左膝の伸びた美しいスイングを見ると、これがよ~~くわかります。

あなたに体感してもらうことがたくさんでてきます。 ためしに 色々同じ動きをやってみてください。 私と同じ動きが出来るかためしてみてください。たくさんのゴルフのヒントが書かれています。 洞察力の鋭い人なら、ホームページに書かれていることを同じようにする だけ でも、自分のスイングが変わったことを実感するでしょう。 あなたの『ゴルフ革命』の始まりです。

タイトルとURLをコピーしました