【マスターズ】松山英樹「怪我をしてもやる」前年のチャンピオンが感じた常連客の尊敬

松山 英樹

【オーガスタ(アメリカ、ジョージア州)10位=高田文太】ディフェンディングチャンピオンとなった松山英樹(レクサス)がマスターズ14位。 5 … –nikkansports.com、日刊スポーツのニュースサイト。
#マスターズ松山英樹痛くてもやるつもりだった前年王者が感じた総立ちパトロンからの敬意
<米国男子ゴルフツアー:マスターズ>◇最終日◇10日◇ジョージア州オーガスタナショナルGC(7510ヤード、パー72)◇賞金総額1500万ドル(約18億円)当選者270万ドル(約3億円)2400万円)◇オーディエンス開催

【オーガスタ(アメリカ、ジョージア州)10位=高田文太】ディフェンディングチャンピオンとなった松山英樹(レクサス)がマスターズ14位。インとアウト、5バーディー、5ボギー、72、2オーバー、290。ランキングは大会開始前と同じで、恥ずかしさと二度目の勝利のモチベーションを示しています。最後に、彼は最初のメジャーで優勝したスコッティ・シェフラー(25 = USA)に10アンダーの勝利を収めて激動の1週間を終えました。

◇◇◇◇◇

一年前とは別の場所で、松山は授賞式で日光浴をしていました。ディフェンディングチャンピオンとしての最後の仕事。彼は、今年の主要なシェフラーに鮮やかなグリーンのジャケットを提供することに尽力しました。仰向けになって肩をこすり、シェフラーと右手で握手しました。彼は微笑んで拍手し、勝者を称賛した。松山が当時着ていたグリーンのジャケットは、このイベントの1年間のテイクアウト期間を終えていました。未来はオーガスタに保管されるが、彼は「また外に出せるように頑張りたい」と言って2勝目を考えた。

2日目以降は2位でしたが、3日目は77に倒れ14位に落ちました。 「6アンダーか7アンダーを狙うように頑張ったが、そもそもパットできず、大変だった」とスタート前の勝ちに苦戦した彼は最終日。

2番目のパー5は3パットで撃墜された。今回はパー4の3番ホールが強いアプローチでミスを犯し、ボギーを連続で作った。それでも、昨年のチャンピオンの意志は彼を遠ざけました。 4番パー4は2メートルでティーオフし、3日目はダブルボギーの5番パー4がグリーン10ヤードからパットで連続バーディーとなった。群衆が歓声を上げたので、彼は最終日にパーを打ったが、彼は唇を噛んで言った:

それでも、18番グリーンに到着すると、常連客が立った状態で迎えてくれました。彼は首を痛め、松山が先月禁欲していた苦境を狙った。 「感じた」と、チャンピオンになれることを光栄に思い、温かい雰囲気に包まれました。とても特別な場所だったので、「今週は痛くてもやります」と言って逃すわけにはいきませんでした。

「体調が悪くてもこのポジションにとどまることができると確信しています。体力ではなく精神的に強いので、休憩してゴルフをやり直したいのなら、やるべきです。」次のメジャー5月19日に開幕するPGAチャンピオンシップです。 4連覇を逃したものの、日本人男女初の2回目のグランドスラムに挑戦し続ける。

タイトルとURLをコピーしました