【マスターズ】松山英樹がチャンピオンズディナーで「史上最高」を受賞

松山 英樹

【オーガスタ(ジョージア、アメリカ)5位=高田文田】昨年、男子ゴルフプロマスターの過去のチャンピオンが集う伝統的な「チャンピオンシップディナー」で優勝した松山英樹(…–日刊スポーツ新文ウェブサイト) )。、nikkansports.com。
#マスターズ松山英樹チャンピオンズディナーに新風歴代王者うならせ史上最高絶賛の声
【オーガスタ(アメリカ、ジョージア州)5位=高田文太】昨年優勝した松山英樹(30=レクサス)が、マスターズの元チャンピオンである男子ゴルフの伝統的な「チャンピオンズディナー」のホスト役を務めた。 、会った。水田。彼は日本食と日本の食材を多用したメニューをデザインし、最初の大きな日本人の男の子の存在を示しました。それはディフェンディングチャンピオンの最大の任務と言え、アメリカのメディアからの称賛も含めて好評を博しています。その後、7日のホームオープニングに全力を注ぎます。

◇◇◇◇◇

これまでの食通チャンピオンに衝撃を与えたラインナップです。松山はチャンピオンシップディナー前の公式記者会見で、「これはどんな雰囲気なのか。英語が話せないので困っていますが、楽しみにしています」と語った。マスターズの公式ツイッターに掲載発表された時、アメリカのメディアから賞賛されました。 USA TODAYはヒットし、一部のメディアの見出しでは「素晴らしいメニュー」と「史上最高のグルディナー」と呼ばれていました。

興味のあるメニューは「日本」です。前菜は寿司と刺身、焼き鳥の盛り合わせです。主なタイプは「西京照り焼きスープタラ」と「A5級和牛リブアイマッシュルーム、山椒、すりおろしたオレンジソース」です。また、日本の「あまおう」ストロベリーショートケーキを使用してください。

マスターズの伝統的なチャンピオンシップディナーは1952年に始まり、通常は前年の優勝者であり、母国または故郷の料理をデザインしています。松山はまた、日本とアジアの最初のチャンピオンとして新しい命を吹き込み、伝統を守り続けました。

夕食は現地時間の午後7時から30分の「カクテルアワー」のチャットと記念写真が撮られた後、関係者によると。会場はクラブハウス2階。たくさんの本が並んでいることから「図書館」と呼ばれていますが、実はよく食べられる場所です。

約30人が大統領と前のチャンピオンだけに出席しました。みんなゴージャスなグリーンのジャケットを着ていました。松山は「想像もできない世界」と語っていたが、公式ツイッターに投稿された記念写真で明るく笑った。いつものチャンピオンは微笑む。伝統的なイベントの後、彼は善意のメンバーになりました。

昨年の優勝者として、間違いなく最大のタスクを完了した後、残っているのは制作だけです。約1か月前の首から左肩甲骨までの痛みは、「それほど暗いとは思わない」と調整が緩んでいるようだった。予選の2日間で、彼は米国アマチュアチャンピオンのジェームズピオと一緒にいる。習慣的に前年のタイトルに転向し、勝利を阻まれた「敵」ジャスティン・トーマス(どちらも米国出身)と何度もチームを組んだ。連続優勝の挑戦が始まります。

タイトルとURLをコピーしました