《23歳に》渋野日向子が松山英樹マスターズ制覇を見て思ったこと…亡き恩人に捧げた1年10カ月ぶりの復活V、涙の真相

松山 英樹

《23歳に》渋野日向子が松山英樹マスターズ制覇を見て思ったこと…亡き恩人に捧げた1年10カ月ぶりの復活V、涙の真相
——————————————————————————————————–
雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は11月15日に23歳の誕生日を迎えた渋野日向子にまつわる3つの言葉を再公開します(初公開:2021年10月11日)。

<名言1>
ボギーを打っても切り替えて笑えていた。
(渋野日向子/Number983号 2019年7月25日発売)

◇解説◇
 日本人女子42年ぶりとなるメジャー優勝で一躍、時の人となった渋野日向子。

 才能ひしめく1998年度生まれの「黄金世代」の1人で、2019年5月の国内ツアー初制覇でもトレードマークの笑顔は輝いていた。そのプロ初勝利後に「賞金女王」を目標と掲げたものの、「それからの1カ月でやっぱり実力の差を感じたというか、賞金女王と言えるレベルじゃないな」と、周囲の期待とプレーのギャップに悩んでいた。

 そんな渋野日向子は、「素直にゴルフを楽しむしかない、打った結果を受け止めるしかない」と切り替え、7月の資生堂アネッサレディスオープン制覇、そして全英女子オープンでの快挙につなげていった。
Video: https://youtu.be/1CFqGTV8uo0

タイトルとURLをコピーしました