【プロキャディが女子ツアーを振り返る5】6番アイアンを6UTに換えた渋野日向子は強かった!

石川 遼

【プロキャディが女子ツアーを振り返る5】6番アイアンを6UTに換えた渋野日向子は強かった!
———————————————————————————————————-
プロキャディに2021年を振り返ってもらう年末年始企画。その第5弾は宮里優作の同級生であり石川遼、イ・ボミ、渋野日向子のキャディを務める”シュガー”こと佐藤賢和キャディ。21年の印象に残った試合を振り返ったインタビューをお届け。

佐藤賢和キャディは東北福祉大時代は宮里優作と同級生で、数々の男子ツアーの選手キャディを経験し近年は石川遼のエースキャディとしても活躍している。女子ツアーでもイ・ボミや渋野日向子のキャディを務め選手のポテンシャルを上手に引き出す名キャディのうちのひとりだ。

22年シーズンは小鯛竜也、石川遼、宮里優作らの復活のシーズンになる

2021年を振り返ってもらうと、まずは男子ツアーでは「マイナビABCチャンピオンシップ」で初めてキャディを務めた小鯛竜也が印象に残っているという佐藤キャディ。小鯛は2017年の同大会で優勝を果たすも18年は賞金ランク62位、19年は57位とポテンシャルは秘めているものの苦しんだシーズンが続いていた。そして20-21シーズンもさまざまなことに悩みきっかけをつかめずにいたという。
Video: https://youtu.be/rZ35IGMU7cE

タイトルとURLをコピーしました