渋野日向子の「黄金世代」も苦労を重ねる女子ゴルフ「下部ツアーはつらいよ」

渋野 日向子

渋野日向子の「黄金世代」も苦労を重ねる女子ゴルフ「下部ツアーはつらいよ」
——————————————————–
女子プロゴルフツアー「KKTバンテリン・レディス」(4月17日最終日)で、史上最長となる2時間のプレーオフを制したのはプロ6年目の植竹希望(23)。植竹は「黄金世代」での10人目の優勝者となったが、早くから華々しく活躍した同年代の選手たちのキャリアと比べると、下部ツアーでチャンスを窺う時期のあった“苦労人”である。

女子ゴルフの「黄金世代」とは、宮里藍や横峯さくらの活躍に憧れてゴルフを始めた1998年度生まれの選手たちを指す。勝みなみ、畑岡奈紗、渋野日向子、原英莉花、小祝さくら、新垣比菜、河本結など、次々と新しい優勝者が誕生してきたが、ツアー優勝はもちろんのこと、そもそもレギュラーツアーに出場するのも簡単なことではない。同世代が次々と優勝することは奇跡に近いとさえ言えるだろう。

 今回、初優勝を果たした植竹は高校卒業後、2017年7月のプロテストに一発合格。下部ツアーである「ステップ・アップ・ツアー」を主戦場としていたが、2018年は賞金ランク114位、2019年は43位と伸び悩んだ。推薦やマンデートーナメント(出場権を持たない選手のための事前選考)からレギュラーツアーにも出場したが、すべて予選落ち。2019年までレギュラーツアーでの獲得賞金はゼロだった。

Video: https://youtu.be/Vm9QA66O3jA

タイトルとURLをコピーしました