広いハワイから一転… 渋野日向子はロスの“ど真ん中”コース最終ホールに「このグリーン何なの!(笑)」

渋野 日向子

広いハワイから一転… 渋野日向子はロスの“ど真ん中”コース最終ホールに「このグリーン何なの!(笑)」
———————————————–
DIOインプラントLAオープン 事前情報◇20日◇ウィルシャーCC(米カリフォルニア州)◇6447ヤード・パー71

今季海外メジャー初戦の「シェブロン選手権」で4位タイ、先週の「ロッテ選手権」で優勝争いのすえ2位。直近2試合で来季のシードが決まるほどの年間ポイントを稼ぎ、渋野日向子はロサンゼルス2連戦に臨む。

ロッテ選手権では残り1ホールで首位のキム・ヒョージュ(韓国)と1打差。逆転を目指し72ホール目に入ったが、相手がバーディ、渋野日向子はパーと最終的には2打差つけられ2位に終わった。それでも「悔しさは18番を終わって一瞬だけ。めちゃくちゃ悔しかったけど、もうやり切ったなという感じです」と、悔しさとともに充実感もこみ上げる惜敗だった。

ただし、そんな感情はもう過去のもの。今週はロス市内に位置する、伝統と趣のあるコース。距離は短いもののグリーンが小さく、ポアナ芝で目が強い。その上、バンカーに囲まれているグリーンを外せばトラブルになる可能性が高い。
Video: https://youtu.be/lyjASDJBlzs

タイトルとURLをコピーしました