コースからハリウッドサイン 渋野日向子は予選で韓国のメジャー女王と同組に

渋野 日向子

コースからハリウッドサイン 渋野日向子は予選で韓国のメジャー女王と同組に
——————————————————–
米国女子◇DIOインプラントLAオープン 事前情報(19日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71)

前週の「ロッテ選手権」で今季最高位の2位で終えた渋野日向子は、最終日翌日の17日(日)にハワイからカリフォルニアに入った。来季のシード権獲得に大きく前進しても、ツアールーキーとしての立場は変わらず、プレーするのは初体験のコースばかり。週明けからさっそくコースチェックに時間を割いている。

ロサンゼルスの市街地にあるウィルシャーCCは1919年創業のセレブリティ御用達のコース。北にハリウッドサインを望む、都会の喧騒に包まれたコンパクトなつくりで、トリッキーなホールも多い。最終18番はパー3で、左手前から右奥に細長く伸びるグリーンが特徴的だ。

ポアナ芝のグリーン以外はバミューダ芝の18ホールを、渋野日向子は18日(月)に歩いて下見。19日(火)は10番から18ホールの練習ラウンドを行った。

ティイングエリア等でのアドレス時に、スタッフの力を借りて身体の向きを都度確認。コース上で丁寧にショット練習を繰り返した。ホールアウト後は別の組でラウンドを行った笹生優花との談笑も交えてパッティング練習。開幕前日の20日(水)にプロアマ戦に参加し、9ホールを確認して翌日のティオフに備える。

Video: https://youtu.be/X7VDh1E_APU
食事は?言葉は? 渋野日向子が笑顔で明かす“海外生活” 「自由に楽しんでます(笑)」
【動画】https://youtu.be/NsWWrOamYgI

タイトルとURLをコピーしました