渋野日向子が現在2位につける米女子新人王争い! 32年前に受賞した唯一の日本人選手とは?

渋野 日向子

渋野日向子が現在2位につける米女子新人王争い! 32年前に受賞した唯一の日本人選手とは?
————————————————————————————
渋野日向子の前に立ちはだかる20年欧州女子ツアー新人王A・ティティクル

ロッテ選手権で米女子ツアーメンバーとなって以降の自己最高となる2位に入った渋野日向子。気が早いかもしれないが、あるタイトルの獲得へ期待が高まってきた。

そのタイトルとはルーキー・オブ・ザ・イヤーである。文字通り、最も活躍したルーキーに贈られるものだ。

 タイトル争いは試合の成績をポイント化して順位を決めるものである。通常のトーナメントは優勝が150ポイント、2位が80ポイント、3位が75ポイントというようなポイント配分。40位が10ポイントで、41位以下は一律5ポイント。予選落ちは0ポイントだ。メジャー5大会はポイントが2倍になる。

 ロッテ選手権終了時のルーキー・オブ・ザ・イヤー争いは以下の通りだ。
VIdeo: https://youtu.be/0E8MxAZ7l4g

タイトルとURLをコピーしました