渋野日向子が来季シード権ほぼ手中に 日本勢トップの15位浮上!! 米ツアーでの勝利をつかむにはグリーン上の精度アップが不可欠(羽川豊)【米国女子ポイントランキング】

渋野 日向子

渋野日向子が来季シード権ほぼ手中に 日本勢トップの15位浮上!! 米ツアーでの勝利をつかむにはグリーン上の精度アップが不可欠(羽川豊)【米国女子ポイントランキング】
——————————————————————–
米国女子ツアー「ロッテ選手権」を終えて、最新の『CMEグローブポイントランキング』が発表された。

今大会で単独2位に入った渋野日向子は320ポイント(pt)を加算。今季通算を498.625ptとして、前週の39位から日本勢最上位の15位に浮上した。

シーズン終了時に同ランキング80位までに入った選手には、来季のシード権が与えられる。昨年のボーダーライン80位だったブリタニー・リンシコム(米国)は381.28ptだったが、現時点で渋野日向子はそれを大きく上回っている。昨年との単純な比較ではあるが、来季の出場権はほぼ手中におさめたと言っていいだろう。

笹生優花は先週の14位から17位(477.639pt)に後退した。畑岡奈紗は23→27位(323.081pt)、古江彩佳が44→47位(140.842pt)にランクダウン。野村敏京は144位から126位(6.75pt)に浮上している。

Video: https://youtu.be/Vk0nzz7Zrpo
渋野日向子が世界ランク31位、最近3週間で18ランク急上昇 畑岡奈紗12位、笹生優花13位!! プレーを韓国メディアが絶賛「競争相手へのエチケットは“金メダル級”」「圧巻のマナー
【動画】 https://youtu.be/fE3jDXg2lqg

タイトルとURLをコピーしました