渋野日向子が70で7打差11位浮上「凄く自信になった」2度の直ドラも披露 ロッテ選手権

渋野 日向子

渋野日向子が70で7打差11位浮上「凄く自信になった」2度の直ドラも披露 ロッテ選手権
———————————————————–
米女子ゴルフツアー ロッテ選手権第2日(2022年4月14日 ハワイ州 ホアカレイCC=6603ヤード、パー72)

 26位から出た渋野日向子(23=サントリー)は3バーディー、1ボギーの70と伸ばし、通算3アンダーの11位に浮上した。通算10アンダーで首位に立つキム・ヒョージュ(26=韓国)とは7打差。古江彩佳(21=富士通)は73で回り、通算イーブンパーで日本勢2番手の33位につけている。

 強風下の午後スタートで2つスコアを伸ばした。ホールアウト後に中継局WOWOWのインタビューに応じた渋野日向子は「今日伸ばせたのは嬉しかったです。ショットも安定していたので、凄く自信になりました」と笑顔を浮かべた。

 インの10番から出ると12番パー3でティーショットでグリーンを捉えられずにボギーが先行。ただ、同じパー3の15番で今度はティーショットをピン奥3メートルにつけてバーディーを奪った。後半5番パー5では第2打でこの日2度目の“直ドラ”を披露。グリーン前エッジまで運び、スコアを伸ばして「5番の直ドラは1番良かったですし、あそこまで持っていけたらからこそ、3度目がいいライから打てた思います」とうなずいた。

Video: https://youtu.be/OSgJ5LvoXWk

タイトルとURLをコピーしました