【米女子ゴルフ】渋野日向子66→77→66で4位に食い込む 昨夜「牛タンやけ食いで」切り替え成功

渋野 日向子

【米女子ゴルフ】渋野日向子66→77→66で4位に食い込む 昨夜「牛タンやけ食いで」切り替え成功
————————————————————
3日 米女子ゴルフ シェブロン選手権最終日(米カリフォルニア州、ミッションヒルズCC)

 渋野日向子(23)=サントリー=は66で回り、2日目に続いて今大会2度目のベストスコアをマーク。通算10アンダーにして、4位に入った。畑岡奈紗(23)=アビームコンサルティング=と笹生優花(20)は通算5アンダーで17位、古江彩佳(21)=富士通=は通算1アンダーで44位だった。24歳のジェニファー・カップチョ(米国)が通算14アンダーで逃げ切り、ツアー初優勝をメジャーで飾った。

 しぶこ復調の原動力は、牛タンだった。77をたたいて意気消沈した前夜、「切り替えに時間がかかりました。やけ食いしました」という。「牛タンですー。何人前かは分からんけど、20枚以上食べました。ゴハンは大盛り」。両手で「これくらいです」と牛タンの大きさを表した。

 スタート時はドライバーショットの不満がまだ残っていたが、細かいことは気にしない。トップまで丁寧に上げることだけを意識した。2番で2メートルにつけたのを皮切りに、3連続でバーディーを取った。10番からもショットをピンに絡めて再び3連続。14番は4メートルをまん中から決めた。終わってみれば、7バーディー、1ボギー。2日目に続いて6つチャージをかけていた。

Video: https://youtu.be/BXVHWFxDCZE

タイトルとURLをコピーしました