最終日は渋野日向子のバウンスバック! 2週間の米女子ツアー取材、プロの目にはどう映った!?

渋野 日向子

最終日は渋野日向子のバウンスバック! 2週間の米女子ツアー取材、プロの目にはどう映った!?
————————————————————–
海外メジャー今季第1戦「シェブロン選手権」の最終日は、前日に首位から21位へと後退していた渋野日向子が7バーディ1ボギーの66と巻き返し4位タイにバウンスバック。プロゴルファー・中村修が日本勢の活躍を現地からのレポート。

渋野日向子選手というのは、なんと期待を裏切らない選手なのでしょうか。首位からスタートした昨日3日目には5つスコアを落とす乱調で21位まで順位を下げていました。

悔しさを思い切りにじませたラウンド後の会見から一夜明けててスタートすると、2番から3連続バーディ、その後はバーディチャンスをわずかに外しながら、この日初めてグリーンを外した8番でボギー、9番のパー5はパーとし前半を2アンダーで折り返します。

後半は10番から1メートル少しにつけるとまた3連続バーディを奪い、13番をパー、14番の池越えのパー3でもバーディとしスコアを4つ伸ばします。風が強くなってきた中で15番から耐えるホールが続きましたが、ボギーを打つことなく最終18番ホールでは3打目をバーディチャンスにつけ歓声を浴びます。惜しくもバーディはなりませんでしたが、3日目に崩れ最終日にバウンスバックしてきた渋野日向子選手を称える大歓声が暖かかったです。
Video: https://youtu.be/Zx97Nh2vuq0
Video 2: https://youtu.be/CDhaZWv6h9s

タイトルとURLをコピーしました