渋野日向子の母校、作陽高校の “マン振り”練習で飛距離アップ!

渋野 日向子

渋野日向子の母校、作陽高校の “マン振り”練習で飛距離アップ!
———————————————————
100%以上のスピードでクラブを振り抜く“マン振り”をすることでスイング作りを重視しているという渋野日向子の母校、岡山県作陽高ゴルフ部。渋野日向子の飛距離を作り出した部員たちの練習を13日(木)発売のゴルフ雑誌ALBA836号のなかで紹介している。

渋野日向子や国内男子ツアーでドライビングディスタンス1位に輝いた幡地隆寛ら、ツアーを代表するロングヒッターの土台は、作陽高ゴルフ部・田淵潔監督の教えの一つであるマン振り練習によって培われた。田淵監督いわく、「まずは振れるときに振れるだけ振っておくことが大事」という。

「生徒たちに強制的な練習はさせていません。生徒が聞いてきたことに答える、というスタンスなので、生徒たちの自主性を高めています。唯一言っているのはマン振りだけ。合わせるスイングでなく振り切ることだけを重視しています」
Video: https://youtu.be/WaKA82D2AZU

タイトルとURLをコピーしました