渋野・佐藤・ぺ・木村の優勝を賭けた四つ巴の戦い プレーオフ

渋野 日向子

渋野日向子プロ・ぺ・ソンウプロ・木村彩子プロ・佐藤心結(アマ)が通算10アンダーで並んで
4人によるプレーオフに突入しました。

JLPGA ツアー2020-21シーズン第45戦『スタンレーレディスゴルフトーナメント』(賞金総額1億円・優勝賞金1,800万円)大会最終日が10月10日、静岡県裾野市・東名カントリークラブ(6,592ヤード/パー72)で行われ、勝負は通算10アンダーで並んだ、アマチュア・佐藤心結、ペソンウ、木村彩子の4人プレーオフへ。PO2ホール目で渋野がバーディーを奪い、19年大王製紙エリエールレディス以来のJLPGAツアー通算5勝目を飾った。2連覇を目指した稲見萌寧は通算7アンダー、8位タイ。
(天候:曇り 気温:25.6℃ 風速:1.4m/s)
《グリーン=スティンプ:12フィート コンパクション:23mm》
#渋野日向子#ぺ・ソンウ#木村綾子#佐藤心結#プレーオフ

タイトルとURLをコピーしました