渋野日向子と戦った高3佐藤心結 「最後の弟子にしよう」三觜喜一コーチとの9年物語

渋野 日向子

渋野日向子と戦った高3佐藤心結 「最後の弟子にしよう」三觜喜一コーチとの9年物語
———————————————————————————————-
プロテスト一発合格&QT通過で来季ツアー出場へ、ドライバー270ヤード超「能力は断トツ」

2020-2021年の国内女子ゴルフツアーに出場したアマチュア選手で、最もインパクトを残したのは、佐藤心結(さとう・みゆ=明秀学園日立高3年)だった。スタンレーレディス(2021年10月8~10日、静岡・東名CC)で、渋野日向子らとのプレーオフに進出。惜しくも敗れたが、その後のプロテストで一発合格を果たし、ツアー最終予選会(QT)も上位で通過した。「THE ANSWER」ではその素顔に迫るべく、佐藤と三觜喜一コーチを取材。共に歩んだ9年間を振り返り、この先のビジョンを聞いた。(取材・文=THE ANSWER編集部 柳田通斉)

 11月5日。佐藤がポロポロと大粒の涙を流した。2021年度最終プロテストを4位で合格し、会見で感想を求められた時だった。

佐藤「家族やコーチ、お世話になった方々の顔が次々と浮かんで来て、急に涙があふれました。私は小さい頃から負けず嫌いで、できるだけ人前では泣かないようにしてきましたが、うれし泣きは初めてでした。自分でも驚いていますが、いろんな苦労があったので……」
Video: https://youtu.be/RKdVbbp2RzM

タイトルとURLをコピーしました