不安定だったショットが中盤以降ガラリ 渋野日向子がみせた“修正力”の背景にある「データ」

渋野 日向子

不安定だったショットが中盤以降ガラリ 渋野日向子がみせた“修正力”の背景にある「データ」
——————————————————————————–
<大王製紙エリールレディスオープン 初日◇18日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>

最後の最後で出た「きょうイチ」のショットで自信を深めた。今季最終戦を迎える渋野日向子は、2アンダーで終えた初日のラウンドについて、「最後は持ち直してやり切れた」と評した。

確かに“持ち直した”という印象は大きい。10番からスタートし、序盤4ホールはパーを並べたが、その内容は不安定なものといえた。ショット、特にアイアンが右に出て、グリーンをとらえることができない。「3ホール連続(12、13、14番)で、8番アイアンのショットが右に抜けてパーオンできず、それが悔しかった」。12番、13番はアプローチに助けられパーを拾ったが、14番はバンカーショットが4メートルオーバーしボギーに。「いいゴルフをしたいと思ってスタートしたけど、11番のパー5で獲れなかったり、途中まで気持ち的に落ちていました」と苦しい時間を過ごしていた。

そんな流れを変えたのが16番パー3だった。ユーティリティで打ったティショットをピン30センチにピタリとつけて、ギャラリーを盛り上げた。この反応を聞いて笑顔も弾ける。右へのミスの修正を試みていた渋野日向子にとって、「あそこで切り替えることができた。いい印象を持って次のホールのティショット、セカンドに臨めた」と“開眼”への一打になった。
Video: https://youtu.be/rAUgnB0PfrM

タイトルとURLをコピーしました