23歳の誕生日を迎えた渋野日向子、家族及び両親への感謝、世界遺産めぐり

渋野 日向子

23歳の誕生日を迎えた渋野日向子、家族及び両親への感謝、世界遺産めぐり
———————————————————————————-
国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 事前(17日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71)

15日に23歳の誕生日を迎えた渋野日向子。「家族とワイワイしていました。ケーキもいただいて…」と団らんの様子を笑顔で振り返る。

前週「伊藤園レディス」ではカットラインに1打足りずに予選落ち。岡山県の実家に戻っての練習を母・伸子さんが見守ってくれたという。「ジュニアのころを思い出しました。運転免許を持っていなかったときなので、母だったり父だったりに連れて行ってもらって。(当時も)どっちもゴルフはしていないので、なにかを教えてもらう感じではなかったけど、いてくれるだけで安心するというか、そんな感じでした」。そんな懐かしさがこみ上げてくるひと時だった。

「年を重ねるたびに周りの方だったり、家族への感謝が増していっている。家に帰るたびに『ありがとう』って言葉は、こっぱずかしくて言えないんですけど、できるだけ家族といる時間を大切にしたい」。支えてくれる存在のありがたみを再認識して迎える23歳としての一年。12月には米女子ツアーの予選会(Qスクール)も控える中、どんな理想を描くのか。
Video: https://youtu.be/3UQmh8_3R-0

タイトルとURLをコピーしました