「あそこまで吹かれると手に負えない」渋野日向子が強風に苦戦。22歳最後の試合は「いい締め方をできるようにしたい」

渋野 日向子

「あそこまで吹かれると手に負えない」渋野日向子が強風に苦戦。22歳最後の試合は「いい締め方をできるようにしたい」
——————————————————————————————–
11月12日、女子ゴルフの国内ツアー『第37回伊藤園レディスゴルフトーナメント』(千葉県/グレートアイランド倶楽部)が開幕し、注目の渋野はノーバーディ・3ボギーの「75」でホールアウト。首位と7打差の3オーバー・32位タイで初日を滑り出している。

今月15日に23歳の誕生日を迎える渋野は、強い風が吹き付ける中でスタートしたこの日、前半を4番の1ボギーに抑える。しかしながら、後半12、13番で連続ボギーを喫すると、その後も思うようにチャンスメイクできず、最後は5連続パーで第1ラウンドを終えた。
 
 ラウンド後の会見で「アゲインストの風の読みが甘かったりとか、なかなかパッティングが入ってくれなかったりで、これだけスコアを落としてしまったのが悔しい」と感想を明かした渋野。「3パットはしなかったのはまずまずかな」と総括しつつ、「結構最近では一番吹いていたんじゃないのかなというくらいの風だった」と振り返っている。
Video: https://youtu.be/MOSICvLeFxs

タイトルとURLをコピーしました