渋野日向子 涙の復活Vに「うそなんじゃないかと」 「伸び代がまだまだある」

渋野 日向子

渋野日向子 涙の復活Vに「うそなんじゃないかと」 「伸び代がまだまだある」
————————————————————————————-
◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(10日)◇東名CC(静岡)◇6592yd(パー72)

渋野日向子が2019年「大王製紙エリエールレディス」以来、1年11カ月ぶりの日本ツアー5勝目を挙げ、顔を覆って涙を流した。優勝インタビューの主な一問一答は以下の通り。

-1年11カ月ぶりの優勝
久しぶりのプレーオフでしたし、緊張感のある中での優勝争いだった。優勝するのも約2年ぶりなので、プレーオフは緊張したんですけど、最後まで自分らしくプレーできた。

-優勝間隔が空いた
正直、2019年の自分を超えることは難しいんじゃないかなと昨年思って、なんだかんだ試合をやり続けてという感じではあった。ここ最近の自分なら2019年を超えられるんじゃないかと自信を持てるようになって、やっと優勝争いが何試合かできるようになって「もうすぐなんじゃないか」と思う気持ちもありましたけど、それを抑えて一打一打に向き合ってやってきたかいがあった。
Video: https://youtu.be/uUSGWIy-dAM

タイトルとURLをコピーしました