今週は自分自身で…渋野日向子、復活Vの裏に主戦場を米国移す計画への決意

渋野 日向子

今週は自分自身で…渋野日向子、復活Vの裏に主戦場を米国移す計画への決意
————————————————————————————-
渋野日向子(22=サントリー)の復活優勝は、2019年に挙げた日米5勝とは、明確な違いがあった。10日まで行われた国内女子ツアーのスタンレー・レディースで、渋野日向子のパートナーを務めたのは、28歳の女性のハウスキャディーだった。過去の5勝は、プロキャディーか、コーチとタッグを組んでつかんだもの。今大会、ハウスキャディーに助言を求めたのは、そのホール特有の吹き方など、風に関することぐらいだった。ピンまでの残り距離、グリーン上のライン読み、何よりもどう攻略するか-。あとは全て、自分で考えてプレーした。

ハウスキャディーは、普段から試合会場となるゴルフ場で働いているケースが多い。だからこそ、風などその土地特有のことは、むしろプロキャディーよりも知識があることもある。ただ、経験や戦略など、引き出しの多さでは、やはりプロキャディーに分がある。プロ同士で組んだ方が、選手もプレーだけに集中できる。精神的な負荷が軽減されるのは事実だ。

それでも渋野日向子は、ハウスキャディーと組むことを選んだ。7月の楽天スーパー・レディース以来、メジャーのAIG全英女子オープンを含め、6戦ぶりだった。7月の時は、ハウスキャディーとはいえ知人で、食事にも行く間柄だった。その前は6月のメジャー、全米女子プロ選手権。帯同していた日本人プロキャディーが新型コロナウイルスに感染し、第3ラウンドから急きょ、現地の黒人男性ハウスキャディーと2日間を戦っていた。昨年以降、その2戦以外にハウスキャディーと組んで試合に臨んだケースはない。開幕前、渋野日向子はその狙いについて「今週は自分自身で。自分で考えてやらないといけないけど、すごく勉強になる」と話していた。
Video: https://youtu.be/Xfz7MDfikbY

タイトルとURLをコピーしました