渋野日向子が体現した“苦労して勝つドラマ”

渋野 日向子

渋野日向子が体現した“苦労して勝つドラマ”
————————————————————————–
◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(10日)◇東名CC(静岡)◇6592yd(パー72)

「もう一回、メジャーで勝ちたい」-。日本中が松山英樹の「マスターズ」制覇に熱狂していた4月、米ツアー出場のためハワイにいた渋野日向子にも新たな思いが生まれていた。

2019年「全英女子オープン」を勝ち、究極の目標として掲げた「5大メジャー全制覇」。コロナ禍にあって懸命に米ツアーへのスポット参戦を重ねた2020年のうちに気持ちは揺らいだ。その20年に開催されれば出場確実だったはずの「東京五輪」も、1年の延期を経て代表レースが激しさを増していた。

そんな中で飛び込んできた超ビッグニュース。一気に国民的ヒロインとなり、メジャーで勝つことの重みに翻弄された渋野日向子だったから、“もう一回”と口にするのは相当な覚悟が必要だった。
Video: https://youtu.be/R8Vr5kFopkA

タイトルとURLをコピーしました