記者が見た渋野の苦悩 つらぬいた「自分の信じたこと」/国内女子 「世代交代が早い。置いていかれている感があった」

渋野 日向子

記者が見た渋野の苦悩 つらぬいた「自分の信じたこと」/国内女子 「世代交代が早い。置いていかれている感があった」
———————————————————————————
スタンレーレディス最終日(10日、静岡・東名CC、6592ヤード、パー72)しぶこ、涙の復活V!! 渋野日向子(22)=サントリー=が2019年11月以来、1年11カ月ぶりの日本ツアー通算5勝目を挙げた。首位と2打差の5位から出て68で回り、通算10アンダーで並んだ4人によるプレーオフを2ホール連続のバーディーで制した。

涙の後の優勝会見。今年初めて渋野日向子の本音が聞けたような気がした。

「嫌でも入ってきてしまうので…。でも、新しいスイングで勝ったときに、あーじゃこーじゃと言っちょった人を、言葉は悪いけど見返したいと思っていた。そういう気持ちを頭の片隅に置きながらやってきました」

3月の「ダイキンオーキッドレディス」で変貌した渋野日向子に驚いた。トップの位置が極端に低くなった新スイング。2018年のプロテスト合格前から師事してきた青木翔コーチから離れ、「再現性」と「安定性」を求めた新スタイル。助言を受けたのは石川遼。キャディーバッグに4本のウエッジを入れたのも、同じくスイング改造に取り組む石川の影響だった。
Video: https://youtu.be/6AwotQ6p8u0

タイトルとURLをコピーしました