渋野日向子「10番ボギーで『これではヤバい』と気合を入れて」/一問一答

渋野 日向子

渋野日向子「10番ボギーで『これではヤバい』と気合を入れて」/一問一答
——————————————————————————–
<国内女子ゴルフツアー:スタンレー・レディース>◇第2日◇9日◇静岡・東名CC(6592ヤード、パー72)◇賞金総額1億円(優勝賞金1800万円)◇無観客開催

渋野日向子(22=サントリー)がプレーオフの末に逆転で、19年11月の大王製紙エリエール・レディース以来、686日ぶりの復活優勝を果たし、涙を流して喜んだ。正規の18ホールは首位と2打差の5位から出て、6バーディー、2ボギーの68。通算10アンダー、206で、木村彩子、ペ・ソンウ(韓国)、アマチュアの佐藤心結と並んだ。4人で争われたプレーオフを制し、日米通算6勝目を挙げた。優勝インタビューの一問一答は以下の通り。

-ほぼ2年ぶりに優勝した気持ちは

渋野日向子 久しぶりのプレーオフでしたし、緊張感のある中での優勝争いも久しぶり。そして、こうして優勝するのも約2年ぶり。本当にプレーオフはすごく緊張したんですけど、最後まで自分らしくプレーできたと思います。
Video: https://youtu.be/OgNhPT0Ke0k

タイトルとURLをコピーしました