なぜ渋野日向子は3週連続トップ10入りも「優勝できる感覚はつかめていない」と語ったのか…抱える葛藤と進化の手ごたえ

渋野 日向子

なぜ渋野日向子は3週連続トップ10入りも「優勝できる感覚はつかめていない」と語ったのか…抱える葛藤と進化の手ごたえ
————————————————————————————-
今年の女子ゴルファー日本一を決める「日本女子オープン」は4日に栃木・烏山城CC二の丸・三の丸C(6550ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、首位から出た勝みなみ(23、明治安田生命)が通算14アンダーで逃げ切り、国内メジャー初制覇を果たした。最終ラウンドは5バーディー、1ボギーの66で回り、2位の西郷真央(19、大東建託)、上田桃子(35、ZOZO)に6打差をつける圧巻の独走V。単独首位に立った第3ラウンド後に「絶対に勝ちたい大会」と宣言した通りの勝ちっぷりだった。
 アンダーパーで競技を終えたのは9人だけで、4日間の平均ストロークは72.8699。決勝ラウンド2日間でバーディーがわずか2個だった最難関ホールの17番(パー4)を始め、多くの選手が悪戦苦闘した難コースでマークした勝の驚異的なスコアに、「かっちゃんは一人だけ違うコースを回っていた感じ」と脱帽したのが、通算2アンダーで5位で終わった渋野日向子(22、サントリー)だった。
 “しぶこ“の今大会の戦いをどう評価すべきか。そして彼女がホールアウト後に口にした「優勝できる感覚はつかめていない」という発言の意味とは?

通算2アンダーで5位に終わる
 渋野日向子は第1ラウンドを3アンダーの68で回り、首位と2打差の4位と好発進に成功した。だが、台風16号の接近で1日順延された第2ラウンドは4オーバーの75をたたき、33位に後退。第3ラウンドは66の猛チャージで6位に浮上したが、最終ラウンドはスコアを2つ落として通算2アンダー。それでも順位は1つ上げて、3週連続のトップ10入りとなる5位で大会を終えた。
Video: https://youtu.be/kgaHYV5jmUc

タイトルとURLをコピーしました