渋野日向子、昨日とは「別人」で「66」 難関17番も好ショット「今夜は焼き肉」

渋野 日向子

渋野日向子、昨日とは「別人」で「66」 難関17番も好ショット「今夜は焼き肉」
————————————————————————————————–
5バーディー、ボギーなしでチャージ

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープン第3ラウンド(R)が3日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われた。33位スタートの渋野日向子(サントリー)は5バーディー、ボギーなしの66で通算4アンダー。前日とは打って変わって安定したゴルフで、上位争いに加わった。

 難関の最終18番パー4。渋野日向子はフェアウェー中央からの第2打をピン左1メートルにつけ、バーディーパットを落ち着いて沈めた。「ナイス!」「いいぞ!」。わき上がる歓声に会釈で応え、少しの笑みを浮かべた。

 4つスコアを落とした前日のゴルフとは一変。ショットをピンに絡め、チャンスを確実にものにした。右に池、左にOBゾーンが広がる難関17番パー4でも第1打をフェアウェーに置くことに成功。本人も「18ホール、悔いのないプレーができました」と喜びを口にした。

「昨日とは全く別人のゴルフができました。昨日の悪さがあったからこそ、気づけたことがあります。昨日のラウンド後は、スイングよりアドレスの向きを考える練習をしましたし、スタート前のパット練習でも向きを意識しました。でも、17番でフェアウェーに打てたことが一番うれしいです。キャディーさんと『17番と18番でフェアウェーに打てたら、今夜は焼き肉にしよう』と言っていたくらいなので」
Video: https://youtu.be/OEVtX9ig3JQ

タイトルとURLをコピーしました