渋野日向子、3位でホールアウト 一時首位から痛恨連続ボギーも、難コースで好発進

渋野 日向子

渋野日向子、3位でホールアウト 一時首位から痛恨連続ボギーも、難コースで好発進
——————————————————————————–
日本女子オープン開幕

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンは30日、栃木・烏山城CC(6550ヤード、パー71)で開幕した。渋野日向子(サントリー)は7バーディー、4ボギーの68で回って3アンダー。ホールアウト時点では暫定首位の上田桃子に2打差の同3位とした。

 渋野日向子が好発進を決めた。出だしの1番はボギーをたたいたが、3、5、6、8番でバーディー。後半も10番で1つ落としたものの、12番から3連続バーディーで伸ばし続けた。しかし、17、18番で痛恨の連続ボギー。一時首位に立っていたが、難ホールでスコアを落とした。

 2016年大会と同じコースの今大会。当時アマチュアだった17歳の渋野日向子は、通算18オーバーの108位で予選落ちした。第2日は1バーディー、10ボギー、3ダブルボギーの大叩き。プロのレベルを痛感したが、5年が経って好スコアをマークした。
Video: https://youtu.be/2Vz-jQ5UVZU

タイトルとURLをコピーしました