連続ノーボギー記録「70」でストップ 渋野日向子「すべて台無し」 西村優菜、初の逃げ切り勝ち「いつもよりも緊張感がありました」/一問一答

渋野 日向子

連続ノーボギー記録「70」でストップ 渋野日向子「すべて台無し」 西村優菜、初の逃げ切り勝ち「いつもよりも緊張感がありました」/一問一答
————————————————————————————–
◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日(26日)◇利府GC (宮城)◇6591yd(パー72)

渋野日向子は3バーディ、3ボギーの「72」でプレー。2週連続トップ10となる通算6アンダー8位で終えた。「悔しいの一言しかない。すべてのものを台無しにした」と厳しい表情で振り返った。

前半で2つスコアを伸ばしたが、後半13番でトラブル。ティショットが右の排水溝まわりにいくと、2打目は「空振り寸前のチョロ」。8Iの3打目はバンカーに入れるなど、4オン1パットのボギーをたたいた。

「13番のボギーはしようがない。なんならボギーで上がれてよかった」。前週「住友生命 Vitality レディス 東海クラシック」初日(2日目は台風で中止)後半15番から、貫いてきたノーボギー記録は「70」でストップしたものの、気にかけることはなかった。
Video: https://youtu.be/PdNIS8yFyNg

タイトルとURLをコピーしました