渋野日向子「パター散々」首位と7打差5位で最終日「今より下げないよう」

渋野 日向子

渋野日向子「パター散々」首位と7打差5位で最終日「今より下げないよう」
————————————————————————————–
首位と2打差の6位から出た渋野日向子(22=サントリー)は、2バーディー、ボギーなしの70で回り、通算6アンダー、138の5位で最終日に臨むことになった。2つ伸ばしたが、2日連続のベストスコアで7つ伸ばして13アンダーとした、首位の西村優菜とは7打差に開いた。

出だしの1番パー4で、2・5メートルのバーディーパットがわずかに届かず、パー発進すると、その後も我慢の展開だった。スタートから7ホール連続パーで迎えた8番パー5で、ようやく最初のバーディー。グリーン手前左のラフから、アプローチを1メートル足らずに寄せて“お先”のバーディーを奪った。9番パー4は、15メートル超のバーディーパットを3メートルオーバーするピンチだったが、パーを拾い、歓声を浴びながら折り返した。

後半も、なかなか伸ばせない展開だったが、最終18番パー5で2つ目のバーディーを奪った。残り42ヤードからの第3打のアプローチを、1メートルに寄せて伸ばし、第1ラウンドに続き、最後までボギーはたたかなかった。
Video: https://youtu.be/iQz_N6OXBME

タイトルとURLをコピーしました