笹生優花が19歳でメジャー制覇 ネリー・コルダが大ブレイク、渋野&古江がQT突破【海外女子ツアー10大ニュース】渋野日向子は37位で新シーズンへ

笹生 優花

笹生優花が19歳でメジャー制覇 ネリー・コルダが大ブレイク、渋野&古江がQT突破【海外女子ツアー10大ニュース】渋野日向子は37位で新シーズンへ
———————————————————————————————–
2021年最後となる12月27日付の女子世界ランキングが発表された。国内外での試合がなかったため、大きな変動はなかった。

日本勢トップは畑岡奈紗の6位で、笹生優花の8位とともに先週と変わらず。来季米国女子ツアーの切符を手にした古江彩佳の14位、稲見萌寧の16位にも変動はなかった。

古江と同じく米国女子ツアーの出場権を獲得した渋野日向子は37位でこちらも変わらず。西郷真央が1ランクアップの38位、西村優菜は1つ順位を落としたものの43位でトップ50内に入っている。

ネリー・コルダ(米国)、コ・ジンヨン(韓国)、リディア・コ(ニュージーランド)のトップ3に動きはなかった。

笹生優花が19歳でメジャー制覇 ネリー・コルダが大ブレイク、渋野&古江がQT突破【海外女子ツアー10大ニュース】

今季も数多くの話題が生まれたゴルフ界。その中から、編集部が各ツアーの10大ニュースをピックアップしてシーズンを振り返る。今回は海外女子ツアー。

■古江彩佳と渋野日向子が予選会突破
2022年の米国女子ツアー出場権をかけた最終予選会「Qシリーズ」に挑んだ古江彩佳と渋野日向子がそれぞれ7位、20位という順位でツアーカードを手にした。ともに女子世界ランキング上位の資格で参戦し、見事に8日間の長丁場を走り抜けた。国内でのプレーが減るとはいえ、畑岡奈紗、笹生優花に加え、日本のスター2人が参戦する米ツアーに注目が集まるのは間違いない。
Video: https://youtu.be/SJRKv2hXsNQ

タイトルとURLをコピーしました