畑岡奈紗、渋野日向子、原英莉花、勝みなみの4人がメジャー制覇! 黄金世代が学年別最多記録を更新

原 英莉花

畑岡奈紗、渋野日向子、原英莉花、勝みなみの4人がメジャー制覇! 黄金世代が学年別最多記録を更新
———————————————————————————————————–
メジャー優勝者 同世代3人だった最多記録を黄金世代が塗り替えた!

国内女子ツアーにおける公式競技は日本女子オープン、日本女子プロ、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの4大会である。これらの公式競技優勝経験者は勝で75人目。日本選手に限れば53人目となる。

 この日本選手53人を学年で分けてみると、これまでは同じ学年では3人が最多だった。大迫たつ子(8勝)、岡本綾子(5勝)、永田富佐子(1勝)の1951年度生まれ、塩谷育代(3勝)、中野晶(2勝)、小林浩美(1勝)の62年度生まれ、宮里藍(2勝)、横峯さくら(2勝)、藤田さいき(1勝)の85年度生まれ、そして畑岡(4勝)、原(2勝)、渋野日向子(1勝)の黄金世代である。

 ここに勝が加わり、黄金世代が単独最多となったわけだ。黄金世代はツアー競技優勝者数ではすでに9人という学年別最多記録をつくっており、新たな記録達成となった。
Video: https://youtu.be/HzF29fNw9zM

タイトルとURLをコピーしました